SHOBU(しょうぶ学園)
topimage
| NEWS | SHOBU STYLE | キャンパスデザイン | 太陽会 | お問い合せ | 募集案内 | リンク | サイトマップ |

ささえあうくらし 地域生活支援センター しょうぶ学園 Do しょうぶ つくりだすくらし 工房しょうぶ 作家と作品 クラフトワーク nui project otto & orabu つながりあうくらし パスタ&カフェ Otafuku パン菓子 ポンピ堂 そば屋 凡太 地域交流スペース Omni House クラフトショップ ル・デポ Sギャラリー   企画・イベント 展覧会 出版物プレス
SHOB FRIENDSHIP CLUB twitter shobu_facebookgood_design good_design

title

マカンガ・ブエンゴ・アベベキーラ 〜 otto & orabu としょうぶ市庭 〜

とき:2017年5月5日(金)10:00 〜 17:00 雨天決行
入園料 / 一般:310円 高校・大学生:200円 小・中学生:150円
ところ:鹿児島県 霧島アートの森
上映会のご予約・イベントについてのお問い合わせ:しょうぶ学園
TEL:099-243-6639 / E-mail:design@shobu.jp

映画『so:but[and]=1.2.3.4 - あらかじめ,情動の.』上映会

・午前の部 10時〜
・午後の部 15時〜

場所:多目的スペース
料金:無料

それは無意識の中にある、夢想であり、純粋な創造物の物語。

しょうぶ学園の創作活動の一つであるパフォーマンス集団「otto & orabu」をフィルターとして、純粋さに対する意識の変容について描いたドキュメンタリー映画。

創ることはすなわち生きること-素直さから夢想を育む。カメラのフレームはしょうぶ学園で暮らす人々が個々で自分自身に向き合う時に聴こえる心の響きを追いかける。それぞれの思い、事情、葛藤。喜びと。すべてが多様に繋がり合いながら紡ぎ出される物語。誰かの心の響きが誰かの心の響きに触れた時に発見されるお互いの姿。不揃いでも美しく共鳴し合う音楽。彼らの日常における共鳴と彼らの音による共鳴。ステージとバックステージがクロスオーバーしながら、無意識で自由な、人と人の共振性の中で生まれゆく純粋な創造の根源に迫る。

NPO法人 i have a dream ホームページ >>http://ihaveadream.or.jp

しょうぶ市庭

・10時〜17時

場所:野外広場

しょうぶのお庭で開店するちいさな市場「しょうぶ市庭」@アートの森

しょうぶ学園の園芸班が育てた採れたて無農薬のお野菜、食の工房からは市庭限定のお菓子やお惣菜、お祭り気分が味わえる屋台料理、スタッフ目利きの民芸品などがお庭に並んでいます。

・屋台料理(ホットドッグ・ナチョス)
・野菜(にんにく、玉葱、人参、カブ、苗もの、ハーブ)
・焼き菓子
・サンドイッチ
・ハチミツ
・Sプランツ
・工房しょうぶのクラフト
※内容に変更がある場合がございます。

ライブパフォーマンス

加藤おりは

ダンサー/フラメンコダンサー
幼少よりバレエ、新体操を始める。その後渡西しフラメンコ舞踏、またインドでは北インド古典舞踏カタックを修得。いのちを踊り、その輝きを分かち合いたいと願う。愛、光、調和、心、森羅万象を踊る。

>>加藤おりは HP

otto & orabu

2001年にしょうぶ学園にて結成。
鹿児島弁で「叫ぶ」の意味を表すorabu(おらぶ)の《叫び》のコーラスと民族楽器を中心としたotto(おっと)の不揃いな音から生まれるリズムは、プリミティブなエネルギーに満ちていて観るものを魅了し続けている。

▲ページのトップへ

 


Copyright © Shobu 2009 All Rights Reserved.